今日のニュース:Amazon「サンプル市場参入」の衝撃

毎日 気になったニュースを取り上げ、思ったことから関係ないことまで書き殴る今日のニュース

Amazon「サンプル市場参入」の衝撃

Amazon「サンプル市場参入」の衝撃』(THE BRIDGE)

Amazonが試供品に特化したディスプレイ広告事業を展開すると報じられた。化粧品ブランド「Maybeline」やコーヒーブランド「Folgers」に代表されるブランドのサンプル品をAmazoの顧客の閲覧ページに表示させたり、自動的にカートへ入れておく仕組みを提供する予定だという。


顧客の購買データを元に、サンプル品から購買転換率の高い顧客に対して、サンプル品を表示、あるいは直接カードに入れておく仕組み が提供予定だそうです。

サンプル品の試供をプライム会員限定にすることで、会員継続の向上も見込めるとのこと。

サンプル提供元は、得られたデータをもとに生産ラインの規模を決めたり、売上予測を立てることが 発売前から可能となります。

どのような商品を購入する顧客が 試供品を気に入るか、eコマースに 月どれだけ費やす顧客の購入意欲が高い か、など 得られるデータは枚挙にいとまがありません。

データは サンプル提供元だけでなく、Amazonの実店舗「Amazon Go」の出品ラインの構築,在庫管理などにも使用されるでしょう。

また記事にある通り、Amazon Go で多数のカメラを用い、実店舗での行動データを得ることも、Amazonはやろうとしています。

オンライン / オフライン、いずれのフィールドでも、サンプルデータ ビジネスに Amazonが乗り込むのでしょうか。

・・・

Amazonの「実購買データをもつ」優位性は非常に強力です。

日本でも広告事業主が是が非でも参入したい分野です。ただ いくつかの企業が連携しないと対抗できないでしょう。国主導でも良いので、一体感がある戦略が望ましいと考えます。

完全パーソナライズ化した広告 に一歩一歩進んでいますね。