今日のニュース:野村證券に聞く、YouTuber×金融という意外なコラボの理由

毎日 気になったニュースを取り上げ、思ったことから関係ないことまで書き殴る今日のニュース

野村證券に聞く、YouTuber×金融という意外なコラボの理由

野村證券に聞く、YouTuber×金融という意外なコラボの理由』(MarkeZine)

インフルエンサーの代表格であるYouTuber。企業とのコラボ動画が増える中、金融という一見堅そうな業界で彼らを起用した取り組みを行う企業がある。それは、野村證券だ。同社とUUUM社が運営するYouTubeチャンネル「マネーの亀」では、人気YouTuberが証券投資の基礎やお金の価値についてユニークに伝えるコンテンツを展開している。その取り組みの狙いと詳細を、同社の広報担当・常務である池田肇氏に聞いた。


証券会社の老舗 野村證券は、YouTuberの瀬戸弘司さんとカリスマブラザーズのジョージさんを起用し、動画コンテンツを提供しています。

学校で、確定申告や年末調整は最低限 教育すべきという意見もある通り、マネー知識は能動的に学習しないと 中々手に入り辛いものです。制度の複雑さも拍車をかけていますね。

若年層は、SBI証券を始めとしたネット証券会社を利用する割合が高く、口座主の高齢化を憂いているという背景もあります。

ここ数年 投資に興味をもつ層も増しています。終わりの見えない低金利政策で、貯蓄よりも投資はなかば国策としても取り入れられていますね。

ロボアドバイザーやテーマ投資など 初心者向けの金融商品も充実してきており、その間口は年々広がっていると言って良いでしょう。

・・・

人間は変化を嫌うもの。

一度 ある証券口座を開設してしまえば、他社に移行する心理的抵抗はかなり大きなものです。

野村證券はYouTubeを通して、若年層の第一歩を獲得したいのです。

携帯会社がこぞって学割プランを展開する戦略と同じですね。

・・・

こういった動きを見ると、「何かを学ぶ」プラットフォームは 確実に動画にシフトしていることが伺えます。文章説明より理解も進みやすいですしね。

有名なブロガーも続々 YouTubeチャンネルを開設しており、彼らも危機感を抱いていることがわかります。

学校の教科書が完全に動画に置き換わったとき、何かを文字から学ぶ習慣は消えることでしょう。

・・・

コンテンツそのものより、それを伝える伝道者に人気が集まる傾向はすでに始まっています。

ゲーム配信者,学習支援型YouTuberなどなど。UUUMの業績は右肩上がりです。

人の知識による差別化は、ますます低くなることでしょう。”人”そのものが評価される時代に、私のような旧世代は対応できるでしょうか。。