今日のニュース:Googleが求人情報検索サービスを日本でも公開

毎日 気になったニュースを取り上げ、思ったことから関係ないことまで書き殴る今日のニュース

Googleが求人情報検索サービスを日本でも公開

Googleが求人情報検索サービスを日本でも公開』(TechCrunch Japan)

Googleは1月23日、求人情報検索サービスの提供を日本でも開始した。この新機能「Google しごと検索」は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページなどから求人情報を取得し、検索結果ページに表示するというもの。「渋谷 バイト」「営業 求人」など希望する職種やエリアなどを入力して検索すると、関連する求人情報が検索結果内にまとめて表示される。


Googleが求人情報検索サービスを始めました。

既にアメリカ本土では Google for jobsとして サービスが開始されています。

「〇〇 求人」,「△△ バイト」などのキーワード検索が可能。検索条件をキーワードとし、Googleアラートに登録もできます。

OTAから提供される情報をもとにしたホテルの空き室検索サービスと同じく、求人情報サービスの情報をクローリングしているようです。

収入,休日など、詳細な情報は、Google検索からは参照できないようですが、複数の求人サイトを網羅的に検索できます。

Indeedと同じく、求人情報検索エンジンとして機能します。


Googleはついに、職業,求人志向に関する情報をも手に入れようとしています。また個人の職業データが、彼らが保有する個人情報DBに加わります。

日本も企業をまたぐ情報銀行の連携が進行しているものの、「検索」というプラットフォームを有するGoogleに一歩も二歩も遅れをとっていますね。

今は「検索する」という能動的な行動が必要ですが、Google nowやOK Googleのように、より生活に根ざし、提供された情報を受取る方向に進行しています。

Googleは、ひとり一人の秘書,友人,理解者になろうとしているのです。